一般社団法人全国ネット被害者救済ネットワーク

著作権違反の海賊版サイトをサイトブロッキング

4月13日に、内閣府の知的財産戦略本部が、「漫画村」「Anitube」「Miomio」などの海賊版サイトへのアクセスを遮断する「サイトブロッキング」を実施することが適当であるとの方針を表明。

その影響もあり、漫画村の運営者側は、自主的にサイトを閉鎖したようです。また、miomioもドラマなどの動画が再生されないようになっているようです。

今回は、政府がISP側にサイトブロッキングを要請するにとどまったものの、効果はあったと感じます。しかし、まだまだ他人の権利を侵害しながら広告収入をあげているサイトも多数あります。

今回は、出版社や個人などの著作権の侵害状況が甚だしかったことからの緊急措置と言えるのかもしれませんが、早急な法整備が求められます。

法律がないことから、一部のサイトでは「緊急避難をやむなしとするのであれば、その根拠はしっかりとしたものが求められる」などと反論を記載するコラムも散見されますが、自分が作り出したコンテンツを、勝手に他人に使われ、他人の利益になるというような状況があるにも関わらずこのような意見があることは残念に思います。

今回、他人が生み出したコンテンツを勝手に流用し利益を得た運営者に対し、損害賠償請求を起こせるのではないでしょうか。莫大な損害賠償金になると思われます。「権利侵害に対しきちんと主張する」というのが、今後の権利侵害の抑止のために良い気がします。

課題は、国内法が及ばない海外サイトになるわけですが、国際的な協力と条約等の国際法の整備も早急に必要かと思います。ただ、時間がかかるかもしれません。

同様に、名誉毀損や誹謗中傷の絶えない、匿名掲示板に対するサイトブロッキングについても同様の措置をとっていただきたいと思いますが、「著作権というわかりやすい権利」と、「誹謗中傷というわかりにくい権利」において、政府の方針や法整備には、今回の方針表明以上に反発が多くなると思われます。

しかし反対する方は、自分が匿名サイトにおける名誉毀損事案の当事者にならないと、基本的にその意義というのはわからないものかもしれません。人権侵害を受けている人は、「早く救済されたい」と願っているものです。