一般社団法人全国ネット被害者救済ネットワーク

【資料】個人特定の可能性の高いフリーWifi|誹謗中傷をなくすことに協力的なアクセスプロバイダー

ソフトバンクFREE Wi-Fi PASSPORT
IDとして 電話番号や限定されたメールアドレスにより誹謗中傷加害者特定をできるだけ可能としています。

NTTブロードバンドプラットフォーム
利用に当たっては任意のメールアドレスかSNSアカウントによるログインが必要。被害者からすればNTTBP社に対し開示請求を行い、メールアドレスやSNSのアカウント情報が開示される。
それらの情報をもとに、SNS事業者やサービスプロバイダに対してさらに開示請求を行う必要がある。開示は個人情報の場合とIPアドレスの場合が想定され、IPアドレスにおいては、携帯キャリアや自家Wifi等のIPを探し当てる必要が出てくる。

そのため、ソフトバンク社のように、IDを携帯番号やキャリアのメールアドレスに限定するなどの措置が必要であり、要望したい。