一般社団法人全国ネット被害者救済ネットワーク

弁護士費用の一部を支給

海外法人が運営する掲示板につきましては、プライバシー権の侵害、名誉毀損、誹謗中傷が断続的になされている状況において、海外法人であるがゆえに削除依頼しても無視されてしまう方もいらっしゃいます。正規のルートで削除依頼しても、できない場合が多く、事実無根の情報が削除されるまで掲載されるデジタルタトゥーという状況に陥っている方も多いのではないでしょうか。

結局は泣き寝入りし、そのまま一生苦しみを背負う方も続出しています。また、弁護士費用を支払うことができずに、弁護士経由での削除依頼もできない方もたくさんいらっしゃいます。

・弁護士費用を支払えない・・・
・そのためにIP開示請求や削除依頼ができない・・・
・一人では損害賠償請求訴訟ができない・・・
・結局は泣き寝入り・・・

他人の名誉を毀損したら責任を負う、他人を誹謗中傷したら責任を負う。自分の発言やコメントに責任を負う仕組みを作ることがネット社会には必要不可欠です。「削除されない」、「損害賠償請求もされない」という場合において、犯罪者は繰り返しターゲットに対して攻撃してくるものです。

以下の条件一部または全部を満たす方(賛助会員)において、弁護士費用の一部または全額を支給させていただきます。詳細はお問い合わせください。

(1)名誉毀損等、人格権に対する侵害の度合いがひどいこと
(2)掲示板やSNS、匿名ブログ等でプライバシー権の侵害、名誉毀損、誹謗中傷されている状況が続いていること
(3)最終的に加害者に対し損害賠償請求意思があること